資産形成コラム

現役医師の不動産投資について説明|ブログからも分かる成功のコツとは

不動産投資と聞くと、勧誘の電話が多かったり、
失敗したりという話を聞いてあまり良い印象がない方もいるかもしれません。

しかし、不動産投資によって成功している方もいますし、
医師の方には特におすすめできる投資と言えます。

今回の記事では不動産投資を始めるにはどうしたら良いのか、また成功するための秘訣についてご紹介します。

医師が不動産投資をするメリット


不動産投資を行っている医師の方は大勢います。
その理由は、医師の方にぴったりの投資だからです。

● 節税になる
● 仕事が多忙でも可能
● ローン審査に取りやすい

上記の3つのメリットがあるからこそ、医師の方で投資している方が多いのです。
それでは、具体的にどういうことなのかをそれぞれご紹介します。

節税になる

不動産投資は節税になることをご存知でしたか?
投資したにかかった費用は、そのまま経費として計上できるのです。

ローンを組むと、1年分の返済額が経費として計上されて所得から引かれるのです。
そのため、日本の税率で採用されている累進課税制度のランクを1つ落とすことが可能です。

もしも不動産経営が赤字になった際にも、
やり方によっては本業収入とトータルすると手取り額がプラスになるため、
リスクが少ないと言えます。

仕事が多忙でも可能

医師の方であれば、勤務している病院が多忙であったり、
非番の日には他の病院に非常勤として勤務をするケースもあります。

さらに、最新の医療を学ぶために学会に出席したり、研究をしたりと、多忙を極めていると思います。
他の投資であれば手続きや値動きを見張らなければならないので、とても難しいのですが、
不動産投資は仕組みさえ作れば人に任せられます。

また、家賃収入が不労所得となることから、万が一働けなくなっても収入を得ることが可能です。
それに加え、ローンが終われば家賃がそのまま収入となるのです。

ローン審査に通りやすい

不動産投資はどれだけ多額の融資を受けられるかが勝負になります。

この点を考えると、医師の方が圧倒的に有利と言えます。
融資に関しては、職業が大きく関わってきます。病院という安全な場所で働いていることや安定していること、
さらに倒産の可能性が低いことから、職業として融資を受けやすいのです。

さらに、収入も高いため高額な融資が期待できます。
このため、高額の融資を受けられるだけでなく、低金利のローン審査も通すことが可能なのです。

医師の不動産投資の始め方


ここからは実際に不動産投資する場合、どのような手順で行えば良いのかを確認しましょう。

1. 予算や目標を決める
2. 不動産探し
3. 物件購入
4. 物件の運用

上記の流れが終われば、後は人に任せておくだけで節税ができて不労所得が得られるのです。
実際にどのようなことを行うか、具体的にご紹介します。

1.予算や目標を決める

不動産投資を始めようとした際に、
いくらくらいの物件を購入してどれだけの利益を得るのか計画を立てましょう。
予算は、受けられる融資の額によって決まりますので、リサーチが必要です。

また、購入する物件の立地や広さなどの条件によって家賃も変わります。
家賃はそのまま収入となりますので、収入の目標額も決めましょう。

さらに節税にもなるため、不動産投資後の税額を調べてみると、予算や目標が立てやすいです。

2.不動産探し

物件探しの前に不動産投資会社を探しましょう。
不動産運用は長い付き合いになりますので、信頼できる会社を選択するのが先決です。

また、優良な不動産投資会社は優良な物件を数多く持っています。
良い不動産投資会社は抱えている顧客も多く、優良な物件がすぐに決まってしまうこともあります。

しかし、再び優良な物件が出てきやすいという特徴もあるため、
不動産投資会社を選ぶことは大切なことなのです。
不動産投資会社を選ぶということは、物件を選ぶようなものですので妥協せず探しましょう。

3.物件購入

物件を購入する際に不安は大きいかもしれませんが、
不動産投資会社のサポートを受ければ簡単に購入することが可能です。

ローンの申し込みや審査に関してもサポートしてくれますし、所有権移転の登記に関してもサポートしてくれます。
不動産投資会社が提示してきた物件で気に入ったものがあれば、後は必要書類を揃えるだけです。
手続きは車を購入する感覚です。
手続きが全て終われば、物件の所有権を手にすることができます。

4.物件の運用

物件を購入した後は、運用するために管理会社を選ばなければなりません。
現在の賃貸を見ると、管理会社が実際に借り手を決めて家賃を集めたり、共有スペースの清掃をしたりしています。
借主のクレームを対処するのも管理会社なため、大きなウエイトを占めています。

もし信頼の置ける管理会社がある場合はそこに任せるのが良いでしょう。
しかし、初心者の場合は、わからない部分も多いはずです。
そんな時は、不動産投資会社とつながりのある管理会社を選びましょう。
ローンの返済や各種申請のサポートと管理について相談できるので手間もかかりません。

医師が不動産投資を失敗する共通点


不動産投資は流れを作ってしまえば後は管理会社に運営を任せるだけです。

しかし、それでも失敗してしまう方がいらっしゃいます。
その理由は、最初に立てた計画が間違っていることが原因として挙げられます。
失敗してしまうケースとしては、以下が挙げられますので、計画を立てる際に参考にしましょう。

● 固定資産税や広告費などの経費を考えていない
● 返済比率が高い
● どんな地域や物件に入居者が集まるのかリサーチしていない

以上のことに注意しておけば、成功する確率は高くなります。

ブログからも分かる成功のコツ


不動産投資を行うのであれば、成功したいものです。
成功するためのコツとしては以下の4つが挙げられます。

● 冷静さを失わない
● 投資家であることを忘れない
● 購入時より高い値がついたらためらわず手放す
● 分散投資を行う

実際に医師で不動産投資を行っている方のブログを拝見すると、
このような成功する秘訣があるようです。

このように、開始1年で家賃収入1.3億円に到達した方もいらっしゃるのです。
このブログからわかるように、不動産投資を行うということは投資家の1人になるということです。

「施設が悪いから」「機能をもっと充実しなければ」ということではなく、
あくまでも物件に投資しているということを忘れないことです。

また、冷静さを失ってしまうと全ての物件が良く思えてきて正確な判断ができなくなります。
成功されている方々には、成功するそれぞれ理由があるのです。

初めての不動産投資で不安な方は、こちらのページで詳しく説明していますのでご参照ください。
医師のクリニック開業準備にかかる期間とスケジュールについてご説明

まとめ


不動産投資は医師の方にとってぴったりの投資と言えます。
投資にはリスクがつきものですが、
成功している方々の特徴をつかむことによってそのリスクを最小限に抑えることができます。

医師を続けている限り、不動産投資は絶好の投資方法です。
成功している方々を参考にして、ぜひ成功を勝ち取ってください。

不動産投資は、しっかりとプロの目を介入させることで安定的な資産運用ができるようになります。
コンシェルジュを有効活用して、確実な資金運用を目指してください。
コンシェルジュの一覧はこちらから

ファイナンシャルプランナー
国本 昌志Masashi_Kunimoto

前職では医療系有資格者のヘッドハンターをしておりました。“人の【想い】を形にする”そのお手伝いが出来るこの仕事を大変誇りに思います。

人気記事

関連記事

アライアンス先を探す

医師の資産形成を
お手伝いするコンシェルジュ

  • 想いの全てを受け止めます
    コンシェルジュ
    楠瀬 泉
    Izumi_Kususe
  • NMCのファンタジスタ
    コンシェルジュ
    小俣 光信
    Mitsunobu_Omata
  • 良縁をつなぎます
    コンシェルジュ
    八木橋 辰夫
    Tatsuo_Yagihashi
  • 人生のお手伝い
    コンシェルジュ
    衣笠 敬広
    Takahiro_Kinugasa
  • 裏表のない正直さが信条
    コンシェルジュ
    福田 継人
    Tsuguhito_Fukuda
  • JUST DO IT !
    ファイナンシャルプランナー
    国本 昌志
    Masashi_Kunimoto