資産形成コラム

医師・勤務医のお金事情|年収や資産形成が重要な理由

医師にも勤務医や開業医などの立場の違いや、外科医や内科医など担当領域の違いなどが存在します。そこで気になるのが医師のふところ事情でしょう。

同じ医師でも働き方が違えば、収入は全くことなります。全ての医師が高収入でお金持ちという訳ではありません。今回は医師のお金の問題と、将来のための資産形成方法を解説します。

医師・勤務医のお金事情


医師はお金持ちというのが世間一般的な認識でしょう。確かに医師の平均年収は一般のサラリーマンに比べて大分高いです。数ある職業の中でも、パイロットや大学教授を抑えて年収ランキングのトップにランクインしています。

この結果だけを見れば医師は高給取りと言えるでしょう。しかし、すべての医師が高給取りなのでしょうか?医師の給料事情を見ていきましょう。

医師の年収

医師は本当にお金持ちなのでしょうか?その疑問を解決するため医師の平均年収を見ていきましょう。下記にまとめたのが、平成29年に厚生労働省が発表した「第21回医療経済実態調査」から抜粋した、平成28年度の医師の平均年収額です。

下記の内容を見ると、公的な医療機関の医師も民間の医療機関の医師も、平均年収が1000万円を超えています。サラリーマンの平均年収440万円であることを考えると、医師の給料が飛びぬけて高いことがわかります。

<平成28年度の医師の平均年収>
● 国立病院:約1200万円
● 公立病院:約1300万円
● 一般病院:約1450万円
● 公的医療機関:約1300万円
● 社会保険関係法人:約1200万円

医師は全員がお金持ちではない

一般的なサラリーマンの平均年収と比べると、確かに医師の平均年収は飛びぬけています。しかし、医師すべてが高収入なわけではありません。医師の中にもサラリーマンと同じくらいの年収の方もいます。

医師の年収は勤務先によっても大きく変わります。例えば民間の病院に勤務する医師の場合5~10年でおおむね年収1,000万円を超えますが、大学病院に勤務している医師の場合、年収600万円に届かないこともざらにあり、役職がない若い医師ではさらに下がります。

大学病院は臨床研究に莫大な資金がかかり、医師に高額の報酬を払うことができません。また、医師を育てるという役割も持っているため、高い報酬を払わなくても医師が集まるために薄給になっているという側面もあります。

医師の節税方法にはいくつかの方法があるので、参考にしてみてください。
コラム:勤務医の節税対策│周りの医師は何をしている?

医師がお金持ちではない理由


医師は確かに高収入ですが、思っているほど一般人とかけ離れた贅沢な暮らしをしているわけではありません。むしろ実情では貯蓄がほとんどないという医師の家庭も多く存在します。

なぜ高収入のはずの医師が裕福な暮らしをしていないのでしょうか?その理由は下記の理由が挙げられます。

● 医療ニーズに対する給料の少なさ
● 配偶者がいても共働きしづらい
● 医師のお金の使い道

医療ニーズに対する給料の少なさ

医師の給料が増えない原因は医療ニーズの増加に関係しています。日本は高齢化が進んでいるため、医療ニーズが高まっています。

一見すると仕事が増えて給料が上がりそうですが、そうではありません。高齢者の医療ニーズの高まりに合わせて、医療・介護の保険料が増大しています。このままでは増える社会保障費を日本政府が賄いきれなくなるのも時間の問題です。

そうなった場合、医師の人件費が削減対象になります。仕事は増えて収入は減るという状態に陥ってしまいます。

配偶者がいても共働きしづらい

医師の収入は高いですが、その分仕事が忙しく家事などを全くできません。そうなると配偶者が専業主婦にならざるを得ず、共働きが難しくなります。

それでも医師一人で二人分の給料を稼ぐから問題ないように思えますが、実際は違います。日本は超過累進課税のため、段階的に所得税がかかります。

一人で年収1000万円の人と、年収500万円の夫婦二人が合わせて1000万円の場合では前者の方が、税金が高くなります。天引きされる金額が大きいことが思ったほど裕福ではない理由の一つです。

医師のお金の使い道

医師の年収は高いですが、実際には税金を多く引かれているため、手取りの収入は思ったほど多くありません。しかし、額面的にはかなり多く、医師自身も高給取りである自覚があるため、つい散在してしまうという側面があります。

医師同士の付き合いなど周りの生活レベルが高いことや、周囲から収入が高いと思われていることに対する見栄で高級品を買ってしまうという事情もあります。

医師がお金を稼ぐ方法


医師の収入が思ったほど高くないことは説明しました。ではどうすれば医師の収入を増やしていけるのでしょうか?

給料はすぐには上がりませんし、共働きも現実的な案ではありません。医師が現状を維持したまま収入を増やすために取れる方法は下記の3つに絞られます。

● 転職をする
● 副業をする
● 資産構築・投資をする

転職をする

現在の勤務先の給料が低いのなら転職を考えるのも有効な手段です。今よりも条件の良い会社に転職することで収入を増やします。

例えば、東京都内は医師がたくさん居るので供給過多になり求人条件も厳しいですが、地方では事情が異なります。医師不足の地域では、医師の定着を図るために好条件の求人を出している場合があります。給料はもちろん、その他の福利厚生や条件面も優遇されやすいです。

とはいえ家族がいる場合は、すぐに転勤するというのも難しいでしょう。そういった場合は、医療業界専門の転職支援会社に相談してみましょう。転職支援会社はたくさんの求人の中から条件に合う転職先を紹介してくれます。

アルバイトをする

今すぐ転職が難しいという場合は、副業でアルバイトをするという方法もあります。空いている時間にアルバイトをすれば、転職するよりも手軽に収入を増やすことができます。

非常勤のアルバイトであれば、半日の短時間でも3~5万円くらいになります。週1~2日勤務すれば月20万円くらいにはなります。アルバイト先はも転職支援会社で探してくれます。登録しておくとお勧めの勤務先をメールで紹介してくれるはずです。

ただ、病院によっては就業規則で副業を禁止している場合があります。また、同じ医師でも、国立病院や県立病院などの公的医療機関で働いている場合、公務員という扱いになるため、副業が禁止されています。

投資をする

医師の中には業務が忙しすぎてアルバイトをやる余裕がないという人もいるでしょう。その場合は投資がお勧めです。投資をお勧めする理由は、医師は投資に向いているからです。

医師は高収入ですので、投資用の資金を貯めるために有利です。また、投資の配当金にかかる課税率は20%なので、医師の収入にかかる所得税よりもかなり低い税率です。

投資をした方が資産形成を効率よく行うことができます。具体的な投資方法は下記のものが挙げられます。

● 不動産投資
● 株式投資
● 投資信託
● FX

医師が独自に資産形成する場合には、専門のコンシェルジュやFPとの連携も大切です。無理のない確実な方法を選んでいきましょう。
コンシェルジュ一覧はこちらから

資産形成が重要である理由


医師は高収入ですが、その分生活レベルが高く、高コスト体質であることが多くあります。特に医師同士の付き合いにはお金がかかるものです。

仕事をしている内はいいのですが、退職してからが問題です。仕事を退職してしまうと、可処分所得が一気に減ってしまい、使えるお金は制限されてしまいます。

ですが、一度上がった生活レベルを下げることは簡単ではありません。お金を使いたくないから付き合いを減らすということも中々できません。そういった事態にならないためにも、若くて余裕のあるうちから資産形成を行っておくことが重要です。

まとめ


医師の年収や収入状況を見ることで、全ての医師が高収入ではないことがわかりました。

また、給料は高くても収入にかかる税率が高いために手元に残るお金はそれほど多くないということも、医師が思ったほど裕福でない理由の一つです。

将来に向けての資金を残すには、収入状況を正確に把握し、資産運用をしっかりと行っていくことが大切です。

資産運用に関心がある場合は、是非お問い合わせください。
お問合せはこちらから

コンシェルジュ
小俣 光信Mitsunobu_Omata

世界遺産・富士山を擁する山梨県出身。法学部卒業後、法律事務所、法律系資格予備校を経て入社。名古屋、広島を中心に全国の医療事情を現場で経験したことが強み。

人気記事

関連記事

アライアンス先を探す

医師の資産形成を
お手伝いするコンシェルジュ

  • JUST DO IT !
    ファイナンシャルプランナー
    国本 昌志
    Masashi_Kunimoto
  • NMCのファンタジスタ
    コンシェルジュ
    小俣 光信
    Mitsunobu_Omata
  • 良縁をつなぎます
    コンシェルジュ
    八木橋 辰夫
    Tatsuo_Yagihashi
  • 裏表のない正直さが信条
    コンシェルジュ
    福田 継人
    Tsuguhito_Fukuda
  • 想いの全てを受け止めます
    コンシェルジュ
    楠瀬 泉
    Izumi_Kususe
  • 人生設計のお手伝い
    コンシェルジュ
    加納 由理
    Yuri_Kanou