資産形成コラム

サブリース(さぶりーす)

サブリースとは

サブリースとは、不動産会社や他の家主から賃貸物件を一括で借り、
別の入居者に貸し出すサービスのことを指します。

賃貸物件の管理や家賃保障を行う代わりに、
不動産会社は手数料や管理費用を差し引いた保証賃料と呼ばれるものを支払うサービスです。

家主はそのため、空室や家賃の滞納者などの問題があった場合でも、
仲介をしている不動産会社を介して毎月一定の金額を得ることができるため、
人の少ない地域や空室が気になっている場合に頼むことで、一定の保証賃料を得ることが可能です。

しかし、保証会社や不動産会社によっては高額な手数料を取ることもあり、
一定量入る金額が少なくなるなどのデメリットも存在します。
デメリットはありつつも、空室のリスクを回避しながら賃貸不動産を稼働させることができるので、
不動産投資のリスクを避けながら効率よく収入が得られるようになります。

一方、自分で家賃収入を得ていた時よりも得られる収入は下がり、
サブリースしていた会社が倒産すると資産がなくなる危険性もあるため、
サブリースを申し込む不動産会社の検討はとても大切です。
判断を誤らないよう、しっかりと検討していきましょう。

サブリースのお役立ち情報

サブリースは、空室や家賃の滞納の問題などを自分で対処することなく、
不動産会社を通して管理することができる制度です。

不動産会社の倒産や高額な手数料を要求されるなどの悪質な管理会社でない限りは、
問題なく不動産資産を運用することができる方法です。

また、サブリースをする際は不動産を一括で購入する必要や、
管理費用・リフォーム費用の請求、保障される家賃の価格は適正であるかの判断を
しっかりと行わなければリスクを負う危険があります。
こういったデメリットは、サブリースを検討する際にとても大きな問題になります。

サブリースを検討する際にお世話になる不動産会社は適切な会社なのか、
負担や得られる収入に不安な点はないかなど、
あらかじめ事前調査などを経て検討することで、リスクを回避することが可能です。

リスク回避を行えば、空室の問題などを避けつつ、快適に不動産資産の運用を進めることが可能です。
よく検討し、デメリットとメリットとうまく付き合っていけるよう
サブリースについての知識を高めることをおすすめします。

家賃収入は多いとは言えませんが、サブリースの活用方法や不動産会社といい関係を築くことができれば、
毎月一定額の金額を収入として得ることが可能です。

新しく土地を購入しマンションやアパートを建てても、運用の方法や収入に不安を感じる場合は、
一度サブリースの制度をよく確認し、メリットやデメリットを知った上で不動産会社とよく相談してみましょう。
サブリースをすることで、空室などの不安から解放され、効率よく不動産資産を運用することができるようになります。

コンシェルジュ
八木橋 辰夫Tatsuo_Yagihashi

紳士服の営業として13年勤務。その後MR、管理職として医療業界に18年携わり、その後弊社へ。

人気記事

関連記事

アライアンス先を探す

医師の資産形成を
お手伝いするコンシェルジュ

  • 裏表のない正直さが信条
    コンシェルジュ
    福田 継人
    Tsuguhito_Fukuda
  • JUST DO IT !
    ファイナンシャルプランナー
    国本 昌志
    Masashi_Kunimoto
  • 良縁をつなぎます
    コンシェルジュ
    八木橋 辰夫
    Tatsuo_Yagihashi
  • 人生のお手伝い
    コンシェルジュ
    衣笠 敬広
    Takahiro_Kinugasa
  • CBのファンタジスタ
    コンシェルジュ
    小俣 光信
    Mitsunobu_Omata
ページトップに戻る