資産形成コラム

イールドギャップ(いーるどぎゃっぷ)

イールドギャップとは

イールドギャップとは、投資において発生する投資利回りと長期金利の差のことです。
不動産投資をする場合、借り入れで発生する金額と、物価価格、
そして年に発生する家賃での収入から割り出すことができます。

イールドギャップを知ることによって、投資すべきか否かということや、
見送って後から投資をすべきなどの投資に関する判断をすることができるようになります。

知っているのと知らないのでは、投資での失敗のリスクが各段に減るため、
イールドギャップを知っておくことはとても大切です。

投資運用において、投資できる物件や投資はたくさんあり、その1つ1つを見て回るには限界があります。
そのため、イールドギャップを利用して、
得か得でないかを判断することで、素早く調査を進めることが可能です。

また、実際に返済が始まったときに赤字にならないよう、事前に計算をすることができます。
無理なく投資を始められるかの判断もできるので、知っておくととても便利です。

イールドギャップのお役立ち情報

投資を判断する際に必要な知識、イールドギャップ。
知っておくことで、仮にいい物件だと思っていても、
実際に投資をした際に損をする可能性があることなどを瞬時に判断することが可能です。

しかし、ただ計算するだけでは、返済が発生した際のリスクや返済期間の懸念を完全に払しょくすることはできません。
しかし、イールドギャップの知識を利用して、
ローン定数(%)=年間元利返済額÷借入総額の計算式に数字を当てはめることで、
購入を検討している物件の返済計画を知ることができます。

金融機関の金利と合わせてみることで、返済期間などを計算式で割り出すことができるので、
有利に投資できるかどうかの判断材料にすることができます。

イールドギャップは、その土地に価値があるかどうかを判断するだけでなく、
実際に返済にかかる期間や返済計画、実際に投資したときに利益を出せるかどうかまでを
計算式で大体算出することが可能です。
そのため、イメージや感覚だけでない部分で判断ができるので、
知識として持っておくことをおすすめします。

イールドギャップは、高いことが推奨されていますが、大まかなイメージだけを持っていても意味がありません。
大体1.5%~2.0%を目標に設定し判断していくことで、
投資初期の人でもリスクをある程度回避しながら取り組むことができます。

欲張りすぎず、自分に合った条件を取捨選択していくことができるようになれば、
投資資産運用を効率よく進めていく第一歩になるでしょう。

編集部CB Career

キャリア編集部よりキャリアに役立つ情報をお届けします。

人気記事

関連記事

アライアンス先を探す

医師の資産形成を
お手伝いするコンシェルジュ

  • 人生設計のお手伝い
    コンシェルジュ
    加納 由理
    Yuri_Kanou
  • NMCのファンタジスタ
    コンシェルジュ
    小俣 光信
    Mitsunobu_Omata
  • 裏表のない正直さが信条
    コンシェルジュ
    福田 継人
    Tsuguhito_Fukuda
  • 良縁をつなぎます
    コンシェルジュ
    八木橋 辰夫
    Tatsuo_Yagihashi
  • 想いの全てを受け止めます
    コンシェルジュ
    楠瀬 泉
    Izumi_Kususe
  • 人生のお手伝い
    コンシェルジュ
    衣笠 敬広
    Takahiro_Kinugasa