資産形成コラム

元利均等返済(がんりきんとうへんさい)

元利均等返済とは

元利均等返済とは、銀行から融資を受け返済する際、
毎月一定の返済額を支払うことができる方法のことです。

利息と元金を一定に支払い続けることができるので、
それらを両立しながら計画的に返済していくことができます。
不動産を長期間かけて支払っていきたいという場合であれば、
この方法がとてもおすすめです。

しかし、支払い初めは利息が多く発生し、
結果的に総返済額が多くなったり返済期間が長くなったりします。
しかし、毎月の負担額は軽減させることができるため、返済計画を立てやすいです

。毎月どのくらいの返済の負担があり、どの程度の支出があるかを知ることができます。
新しく不動産を手に入れ、初期費用がかかっている段階では、
よほどの資産家でない限りは支払いが難しくなることもあります。

初期の返済額が一定でわかりやすいことは、
初めて投資に手を出した人にとって大きなメリットです。
無理なく投資を始めていきたいという場合は、まずは元利均等返済を選択し、
無理のない範囲で返済をしていくようにしましょう。
そうすることで、デメリットを限りなく回避しながら投資ができます。

元利均等返済のお役立ち情報

元利均等返済は、自分でも手軽に計算して算出することができます。

元利均等返済は、毎月の価格を一定に保つことができるので、
毎月の返済額と返済回数を倍にすれば求めることが可能です。
最後に、返済する総額から元金を引くことで利息も求めることができます。

また、完済までにかかる期間がどのくらいなのかも割り出すことができるので、
長期的な返済計画をしっかりと自分で求めることが可能です。

返済は毎月必ず行わなければならないので、
毎月の支出としていくらかかっているのかを計算しておくことによって、
無理なく支出の計画を立てられます。

投資をする際に利用することになる金融機関では、ほとんどの場合金利や年率が提示されています。
月にいくら金利がかかっているのかなども求めることができるので、
細かい部分までしっかりと把握しておきましょう。

元利均等返済は一見損をするようにも思えますが、
不動産投資においては有利に働いてくれることも多いです。
まずは借入を行う銀行の金利などを把握してから、
元金均等返済で返済して問題ないか、投資する不動産は長期的に利用するものなのかなどの検討をしてもいいでしょう。

しかし、元利均等返済は、
元金の減り方がゆっくりで返済しても中々減らすことができないというのがデメリットです。
このデメリットがあってもなお返済していきたいという場合のみ、
この方法で返済していくことをおすすめします。

元利均等返済には一見デメリットの方が多いように見えますが、
正しい知識と返済計画を立てることによって、
その不安を解消しながら不動産資産を運用していくことが可能になります。

コンシェルジュ
福田 継人Tsuguhito_Fukuda

開業支援を2年経験後、人材紹介会社にて14年間勤務後、当社。長くお付き合いができ、様々なお話も出来る関係づくりを理想にしております。

人気記事

関連記事

アライアンス先を探す

医師の資産形成を
お手伝いするコンシェルジュ

  • JUST DO IT !
    ファイナンシャルプランナー
    国本 昌志
    Masashi_Kunimoto
  • 想いの全てを受け止めます
    コンシェルジュ
    楠瀬 泉
    Izumi_Kususe
  • 裏表のない正直さが信条
    コンシェルジュ
    福田 継人
    Tsuguhito_Fukuda
  • 人生のお手伝い
    コンシェルジュ
    衣笠 敬広
    Takahiro_Kinugasa
  • 人生設計のお手伝い
    コンシェルジュ
    加納 由理
    Yuri_Kanou
  • NMCのファンタジスタ
    コンシェルジュ
    小俣 光信
    Mitsunobu_Omata