資産形成コラム

キャッシュフロー(きゃっしゅふろー)

キャッシュフローとは

不動産投資において、良く聞く単語、キャッシュフロー。
名前だけ知っていても有効に活用することはできません。

キャッシュフローとは、投資などで得られた収入に対し、
外部に流れてしまった支出を差し引いて最後に残った資金の流れのことを指します。

多くの企業や投資では、後日支払いが行われます。
そのため、あらかじめ必要になる返済や外部の取引先への支払いのことを検討していなければ、
キャッシュフローの額を正確に把握することは難しいです。

不動産投資では、はじめに融資を受ける必要があるため、
返済が滞らないようにキャッシュフローが発生することを想定して進めていかなければなりません。

投資におけるキャッシュフローの計算方法では、家賃と経費、そして返済額を算出する必要があります。
家賃収入や、マンションなどを建設後に発生する維持費用などは、概算で算出できるため簡単です。
返済も、シミュレーターを利用することで算出できるので、
サイトを利用して割り出しておくことで、キャッシュフローをほぼ正確に割り出せます。

不動産投資は初期から利益を出すことができますが、
キャッシュフローなどを理解していなければ損をする可能性もあります。
しっかりと計算方法や意味を理解しておきましょう。

キャッシュフローのお役立ち情報

不動産投資で利益を得るためには、キャッシュフローという現金の流れを知ることは必要不可欠です。
物件の価格や利回りしか記載されていないことが多いため、
自分でしっかりと計算して割り出しておかなければなりません。

キャッシュフローは、計算でおおよその目安を割り出すことができます。
そのため、あらかじめ不動産によって得られる利益や支出を想定し、
割り出すことで利益が出るか、返済計画は滞りなく行えるかを判断しましょう。

計算方法はとても簡単です。
家賃収入-管理費・経費-返済=キャッシュフローです。

管理費とは、土地購入後マンションやアパートを建てた際の、
エレベーターや清掃費用、諸々の管理・修理費用のことを指します。
返済は、初期費用などで融資を受けた場合、銀行に毎月支払っていく金額です。
これらを収入から差し引いた額が、毎月得られる収入となります。

賃貸で得られた額がすべて収入となるわけではないので、
毎月の出費としてあらかじめ概算を出しておきましょう。

収入を毎月一定額欲しい場合は、ローンの返済額をなるべく低くするのも作戦です。
しかし、なるべく早く返済し、その後のキャッシュフローを増やしたい場合は、
返済が終わるまではキャッシュフローを後回しにし、まずは返済に充てるという人もいます。

自分なりにキャッシュフローをあらかじめ計算し、計画を立てましょう。
キャッシュフローの管理が自身でできるということは、
不動産資産を運用していくうえでとても大切な財産の1つになります。

編集部CB Career

キャリア編集部よりキャリアに役立つ情報をお届けします。

人気記事

関連記事

アライアンス先を探す

医師の資産形成を
お手伝いするコンシェルジュ

  • 人生のお手伝い
    コンシェルジュ
    衣笠 敬広
    Takahiro_Kinugasa
  • NMCのファンタジスタ
    コンシェルジュ
    小俣 光信
    Mitsunobu_Omata
  • 良縁をつなぎます
    コンシェルジュ
    八木橋 辰夫
    Tatsuo_Yagihashi
  • 人生設計のお手伝い
    コンシェルジュ
    加納 由理
    Yuri_Kanou
  • 裏表のない正直さが信条
    コンシェルジュ
    福田 継人
    Tsuguhito_Fukuda
  • 想いの全てを受け止めます
    コンシェルジュ
    楠瀬 泉
    Izumi_Kususe