資産形成コラム

ワンルームマンション経営(わんるーむまんしょんけいえい)

ワンルームマンション経営とは

不動産投資の中で、近年注目を集めているのがワンルームマンション投資です。
ワンルームマンション経営を始めるにあたり、まずはワンルームマンション投資とは何なのかということを知る必要があります。ファミリータイプのマンションへの投資ではなく、あえてワンルームマンション経営が注目されているのには理由があります。

ワンルームマンション経営は、ほかの不動産投資よりも少ない資金で投資を開始することが可能です。立地や築年数にもよりますが、都内の場合であっても数百万円程度で購入することができる場合があります。また、物件の売却がしやすい点も不動産投資のメリットとして挙げられます。都内は物件の流動性が高いこともあり、比較的速やかにに売却することができます。売れるまで時間がかかることにより長期間まとまった金額を得ることができないというリスクを回避することができるのです。

また、ワンルームマンションはとても需要が高いこともあり、入居者が途絶えたり、空室になったりするリスクも比較的低いのもメリットです。

ワンルームマンション経営のお役立ち情報

ワンルームマンション経営が人気を集めているのは、初期費用がファミリー向けマンションを購入するよりも低価格で、比較的失敗するリスクを抑えて始められるのが理由です。

不動産投資におけるワンルームマンション経営では、メリットだけでなくデメリットも存在します。しかし、デメリットは回避できたり、事前に対策したりすることもできますから、まずはしっかりと予備知識として調査しておくことが大切です。

ワンルーム経営は、初期費用が比較的低コストで済むなど、低リスクで始められるので初心者でも投資を始められるというメリットがあります。しかしその一方で、収支のバランスが崩れることも起こりえますし、空室や家賃下落のリスクが発生する可能性があるなどのデメリットが存在します。

収支のバランスに関しては、ワンルームマンション経営に限った話ではありません。投資をする上で、収支の計算方法や算出方法を知っておくことは必要不可欠です。事前に予備知識として得ておくことで、しっかりと対処することが可能です。また、空室や家賃下落のリスクに関しても、家賃保証などの保険をかけておくことで回避することができます。

ワンルームマンション経営を始める前に、必要経費はいくらなのか、その上で発生する支出はどの程度なのか、ワンルームマンション経営でいくらの利回りを出したいのかという目標、それに対するメリット・デメリットなど、さまざまなことを知識として得ておくことで、発生する問題に事前に向き合うことが可能です。

事前に向き合って対処法を考えておくことができれば、リスクを最低限でワンルームマンション経営に臨むことができ、最初の年から安定した利回りを得ることも難しくありません。ワンルームマンション経営をすることで得られるメリット・デメリットを有効活用し、無理のない範囲で投資をおこなってみましょう。

編集部CB Career

キャリア編集部よりキャリアに役立つ情報をお届けします。

人気記事

関連記事

アライアンス先を探す

医師の資産形成を
お手伝いするコンシェルジュ

  • 人生のお手伝い
    コンシェルジュ
    衣笠 敬広
    Takahiro_Kinugasa
  • JUST DO IT !
    ファイナンシャルプランナー
    国本 昌志
    Masashi_Kunimoto
  • 裏表のない正直さが信条
    コンシェルジュ
    福田 継人
    Tsuguhito_Fukuda
  • 良縁をつなぎます
    コンシェルジュ
    八木橋 辰夫
    Tatsuo_Yagihashi
  • CBのファンタジスタ
    コンシェルジュ
    小俣 光信
    Mitsunobu_Omata
ページトップに戻る