資産形成コラム

家賃保証(やちんほしょう)

家賃保証とは

不動産投資における家賃保証とは、空室を避け、なるべく安定した収入が得られるよう、仲介に家賃保証会社を入れるシステムです。

家賃の滞納や空室になるリスク、サブリースを行うなど、不動産投資で損をしないようにサポートをおこなってくれます。万が一家賃を滞納されてしまった場合の訴訟や原状回復工事などの費用負担の保証もおこなってくれるので、不動産を借りやすく、投資しやすい環境があらかじめ保証会社によって整えられます。

しかし一方で、保証会社が倒産した場合にはリスクが非常に大きくなるほか、保証会社の倒産後に家賃滞納があった場合、取り立てが非常に困難になるデメリットもあるのです。仲介に家賃保証会社を入れる際には、不動産投資が楽になる一方それなりのリスクも発生することを忘れないようにしましょう。

また、家賃保証にはさまざまあること、契約する会社を見誤った場合は損をする可能性があることも知っておきましょう。家賃保証について詳しく知っておくと損することなく不動産投資を進めることができます。

家賃保証のお役立ち情報

不動産投資を始める際、たとえばアパートやマンションを利用して収入を得たいと思った場合には、家賃保証をすると安定した収入を得られる可能性が広がります。家賃保証には3種類あり、それぞれ特徴が異なります。「家賃債務保証」「サブリース」「空室保証」です。

家賃債務保証は、入居が開始されるまでに家賃保証会社に手数料を払い連帯保証人とすることで、万が一入居者が滞納した場合に、家賃を取り立ててもらえるという方法です。

次にサブリースですが、契約した不動産会社がサブリースを扱っている場合に、不動産会社が物件を一括して借り上げるサービスです。これによって空室の心配なく、毎月決められた金額を受け取ることが可能です。

そして空室保証とは、不動産投資を始める上で懸念する空室問題を解決してくれるサービスのことです。家賃滞納や空室による収入が得られないなどのリスクを避けることができます。

不動産投資を始める際には、家賃保証のシステムを知っておくことで、安定した収入を得ることができるようになります。その際に大切なのが不動産会社選びです。万が一不動産会社が倒産した場合、この保証は受けられなくなります。そうならないように、事前に信頼できる不動産会社を探しておくことが大切です。

また、契約する際はしっかりと内容を確認し、妥当な額を毎月一定金額得ることができるのかということも話し合っておく必要があります。事前知識を持ち、不動産会社と密な連携をとることによって、納得のいく家賃収入や不動産投資を成功させることができます。

編集部CB Career

キャリア編集部よりキャリアに役立つ情報をお届けします。

人気記事

関連記事

アライアンス先を探す

医師の資産形成を
お手伝いするコンシェルジュ

  • JUST DO IT !
    ファイナンシャルプランナー
    国本 昌志
    Masashi_Kunimoto
  • 裏表のない正直さが信条
    コンシェルジュ
    福田 継人
    Tsuguhito_Fukuda
  • 人生設計のお手伝い
    コンシェルジュ
    加納 由理
    Yuri_Kanou
  • 想いの全てを受け止めます
    コンシェルジュ
    楠瀬 泉
    Izumi_Kususe
  • 人生のお手伝い
    コンシェルジュ
    衣笠 敬広
    Takahiro_Kinugasa
  • NMCのファンタジスタ
    コンシェルジュ
    小俣 光信
    Mitsunobu_Omata